1. HOME
  2. 診療所の概要

当診療所について

春日部在宅診療所ウエルネスのマーク
コンセプト

心身一如をテーマに健康支援をし、幸せと思える環境つくりのお手伝いをさせていただきます。

春日部在宅診療所ウエルネスのマークについて

眼鏡をかけたフクロウをロゴマークにさせて頂きました。
フクロウは、「福来郎」、「不苦労」、「福老」という縁起の良い当て字をされ、「叡智と芸術の神様」、「森の賢者」として皆様に愛される鳥です。
また、夜行性で首がよく周り、社会の見通しに明るいと言われています。
皆様を暖かな心で昼夜を問わず見守っていただけると思います。

理  念
忠恕(ちゅうじょ)
誠実で思いやりのあること。
孔子が人生で一番大切なことだと説いたのが「恕(じょ)=思いやり」です。
ビジョン
笑顔あふれる街づくり
行動指針
病気の予防、治療、再発防止
心身の誠意あるケア
生活習慣と環境のケア
ご家族のケア
いのちの大切さを伝える
価 値 観
  1. 1. ホスピタリティの追求
  2. 2. 誠意ある挨拶、容姿、振る舞い
  3. 3. 一人一人が組織の代表である
  4. 4. コミュニティの構築
  5. 5. 付加価値の創造
  6. 6. チャレンジする勇気
  7. 7. 立ち止まる勇気
  8. 8. 変化する勇気
  1. 9. 大いなる夢を持つ
  2. 10. 多様性の受容
  3. 11. 美点凝視の心がけ
  4. 12. 否定で終わらない言動
  5. 13. 長期的な視点で判断をする
  6. 14. 組織の継承を目指す
  7. 15. 社会的背景と潮流を見極める
玄関 受付 待合室 診療風景・診察室 レントゲン室 点滴室

院 長 挨 拶

院長 笹岡 大史
院長 笹岡 大史 ささおか たいし
資格:医学博士、日本内科学会総合内科専門医、日本循環器学会循環器専門医
近著:「拘縮・褥瘡・嚥下困難… 重度の人の医学知識と介護」
(おはよう21 2015年10月号増刊)雑誌
「現場で使えるケアマネの医療知識 便利帖(現場で使える便利帖)」
単行本(ソフトカバー)介護と医療研究会(著)、笹岡 大史(監修・執筆)

大学病院で循環器内科部長を勤めた後、介護施設長を経て精神科病院で内科医として勤務し在宅診療所を開設しました。外来では小児科から内科まで診療経験があります。また、大学院経営管理研究科で介護医療制度や経営管理の履修をしています。

日本は高齢化先進国として世界からも動向を注目されています。高齢化に伴い医療も急性期から、慢性期に対応できる診療体制の整備が進められています。私どもの担う在宅診療所は、住み慣れた街で安心して過ごすための環境整備と心身の健康増進を支援する役割を担っています。
趣味や特技は音楽鑑賞、ヨガです。